PKJツアー2018 第3期生活動報告ダイジェスト


Pioneer Kids Japan 第3期生8名、以下の活動を終えて、無事に帰国を果たしています。 両国の子ども達が、キラキラ笑顔で交流した、貴重な日々でした。 

 

これまでのPKJは小中学生のみが対象者でしたが、第3期生は、新たに高校生2名が団長・副団長となり、小中学生の手本として、一輪車や縄跳びなど、新たな交流の形を自分たちで生み出していく姿は、まさにパイオニアそのものでした。

 

数々の企業様、団体様、学校様などに寄付品のご提供をいただき、無事にお届けすることができました。 応援ありがとうございました!


3月27日(火)

PKJ第3期生は小学生2名、中学生1名、高校生2名と保護者2名。 成田・関空チームに分かれ出発! 300キロ以上の寄付品を運びました。


3月28日(水)

午前中は訪問準備

午後は2か所の児童養護施設を訪問・交流しました。


3月29日(木)

朝から、船でパンダノン島へ。インフラゼロの離島の小学校でPKJパフォーマンス披露、交流・寄贈活動。




3月30日(金)
パンダノン島交流2日目。 島の小学生のパフォーマンスを楽しみ、ダンスやサッカー、教室内交流、恒例の炊き出し配膳。 中学生以上は島内の生活の場を見学させていただきました。


3月31日(土)

連日の活動もちょっとひと休み。 今期のPKJでは、マリンアクティビティに挑戦。 パラセイリングとドラゴンボートを体験しました。 ヤシの木に登ってみるのも、セブならではの体験!


4月1日(日)

セブ島南部の町、オスロブへ。野生のジンベイザメと高確率で一緒に泳げる、世界唯一の場所。 天気は最高、波も静かで、水中でのジンベイ撮影もバッチリ!




4月2日(月)
午前、火災の被害のあったスラム街パシル地区を訪問。被災家庭や避難所を訪ね、タオル・靴などの寄付品を直接お届けする。午後はセブ市内のドライマンゴー工場見学、フェアトレード企業の支店訪問。


4月3日(火)

午前、語学学校 Cleverlearnさんを訪問。施設の見学、体験レッスンをさせていただく。 午後、ギター工場の見学、夕方には現地スタッフとお別れの船上パーティー、「Arigato Night」開催。


4月4日(水)

全てのプログラムを最高の天気のもと、無事故で全うし、ついに帰国日。 関空・成田それぞれの帰路に。 セブの空港で、最後のメンバー集合写真を撮影。

9日間、楽しかったね。

きっとまた会いに来てね。 きっとまた会いに来るからね。




↓ ひと足はやく写真をアップしています!